おまとめローン比較

おまとめローンで一本化!おまとめローン比較

おまとめローンで一本化!おまとめローン比較!

おまとめローンとは?

おまとめローンとは
おまとめローンとは、複数の借入を新たな借入先、又は、既存の借入先の増額により融資を受けて完済し、借入件数をまとめる(おまとめする)ローンのことです。

 

高額で借入が可能であれば、すべての借入を一本化することもでき、おまとめローンで一本化することによって、多くのメリットが出てきます。特にここ最近は低金利な銀行カードローンを筆頭に、おまとめローンを積極PRしているローン会社も多く、おまとめローンをするには非常に良い状況と言えます。

おまとめローンでおすすめNo.1はイオン銀行ネットフリーローン!

>>300万円以下は収入証明書不要!公式サイトはこちら<<

おまとめローンのメリット

おまとめローンメリット

おまとめローンのメリットは、低金利で一本化にすることで、毎月の利息を減らし、支払が楽になることです。

 

複数のキャッシングカードローンから借りていた場合、各社それぞれ金利が違うため、毎月の発生する利息もバラバラで、100万円未満であれば、多くが18%違い金利設定となっていることから、金利の低いローンでまとめることで発生利息はかなり下がる場合があります。

おまとめローン前の30日間の利息

A社

B社

C社

借入金額50万円
金利18%
30日間の利息
500,000×0.18÷365×30
7,397円

借入金額60万円
金利17%
30日間の利息
600,000×0.17÷365×30
8,383円

借入金額40万円
金利18%
30日間の利息
400,000×0.18÷365×30
5,917円

上記3社の30日間の利息合計¥21,697円

おまとめローンで一本化

150万円でおまとめローン一本化にした場合の30日間の利息

D社より150万円金利10%でおまとめした場合

30日間の利息は、1,500,000×0.10÷365×30=12,328円

おまとめ後D社の30日間の利息¥12,328円

おまとめ前より−9,369円減少!

 

年間で考えれば利息の違いはさらに大きい!

上の計算は、毎月(30日間)の利息を計算したものですが、30日間だけの利息でも、その差は9,369円で、約1万円の開きがあります。
これを年間で考えてみると、9,369円×12か月で、¥112,428円の利息の違いが出てくるのです。

計算はおまとめ前残高が満額だった場合の計算です。毎月の返済で元金が減れば、次回の利息も減少しますので、残高が減っていれば年間の利息金額も上記計算より低くなります。

 

おまとめローンのデメリット

おまとめローンのデメリット

おまとめローンのデメリットはそこまで多くありませんが、消費者金融等の貸金業者のおまとめローンをした場合、限度額内での借入ができず、返済専用のローンとなることがデメッリととして挙げられます(あくまでおまとめローンの商品で借りた場合です。通常のフリーローンで借りれば原則追加利用できます)。

 

おまとめ前に数社から借りていて、それぞれ限度額内で繰り返し返済の借入をしていた人も多いと思いますが、おまとめローン後は基本的に返済しかできないと思っていた方が無難です。

 

これはあくまで消費者金融のおまとめローンのことで、銀行カードローンでおまとめした場合は、最初から追加利用できる契約なら、おまとめ後も追加借入ができる場合が多いです。

消費者金融は総量規制の制約がある

消費者金融のおまとめローンが返済専用になっている原因として、総量規制との関係があります。消費者金融やクレジット会社の貸金業者は原則年収の3分の1までしか融資ができない、総量規制の対象となっています。

 

おまとめローンや借り換えローンは総量規制例外貸付として、年収3分の1を超えても融資が可能となっていますが、総量規制例外として貸した場合は年収3分の1を超えている場合の為、貸付後は融資した金額を含め、年収3分の1未満にならなければ原則借入は法律でできないのです。

銀行カードローンなら総量規制の制約は無し!

銀行カードローンは総量規制対象外

消費者金融のおまとめローンは貸金業者の為、総量規制の制約がありますが、銀行カードローンなら貸金業者では無いため、総量規制の制約はありません!(総量規制の制約が無いカードローンを総量規制対象外のカードローンと呼びます。)

 

その為、年収3分の1の規制もなく、銀行カードローンでおまとめした場合、最初から限度額内で追加利用できる契約であれば、一本化後も追加融資は受けられることになります。

 

このことから、おまとめローンで一本化するのであれば銀行カードローンの方がメリットがあると言うことになるのです。

銀行カードローンでも返済専用のローンはあります。最初から返済専用の銀行カードローンであれば、当然ながら限度額内での借入はできません。


ホーム RSS購読 サイトマップ