総量規制対象外おまとめローン

総量規制対象外のおまとめローンとは

総量規制対象外のおまとめローンとは

総量規制対象外のおまとめローンとは

総量規制とは原則貸付を年収の3分の1までに制限した貸金業法の法律です。消費者金融やクレジット会社・信販会社は2010年6月18日以降は総量規制によって基本的に年収の3分の1までしか融資することができません。

 

しかし、この総量規制はあくまで貸金業者のみが受ける法律であって、貸金業者でなければ、年収3分の1の総量規制は関係がないのです。

 

具体的には銀行が融資をしているものはすべて総量規制は関係がなく、総量規制対象外となります。その為、銀行が個人向けに融資している銀行カードローンは年収3分の1を超えても貸付が可能な、総量規制対象外のカードローンなのです。

総量規制対象外のおまとめローンは銀行カードローンでのおまとめ

銀行カードローンは総量規制対象外

総量規制対象外のおまとめローンとは、銀行カードローンのおまとめローンとなります。では、消費者金融のおまとめローンと、銀行カードローンのおまとめローンとでは、何が違うのか?

 

同じおまとめローンであっても、貸金業法と、銀行法という法律が違うことによって、様々な違いがあり、結果的に言えば、銀行カードローンのおまとめローンの方が断然にメリットが多いローンになるのです。

 

銀行カードローンでおまとめするメリット

総量規制対象外となる為、限度額内でも追加借入が可能!

総量規制対象外の為追加可能

おまとめローンで一本化する場合、複数の借入をまとめることから、借入金額は高額になるケースが多いと言えます。消費者金融では総量規制の対象となるので、おまとめローンの融資額が年収3分の1を超える場合は、総量規制例外貸付として融資することになりますが、総量規制例外で貸付した場合は年収3分の1を超えていることになりますので限度額内で追加借入は一切できません。

 

しかし、銀行カードローンは総量規制とは関係の無い、総量規制対象外になるので、年収3分の1を超えるおまとめだったとしても、最初から繰り返し借入ができる契約なら、おまとめ後も追加借入は基本的に可能となります。

銀行カードローンは高限度額ほど低金利設定!

銀行カードローンは、消費者金融と違い、限度額ごとの金利設定が予め決まっている場合が多いです。消費者金融では金利表示が4.2%〜18.0%などのように幅広いですが、銀行カードローンなら、100万円借りた場合は金利○○%、200万円の場合は金利○○%と最初から決まっています。

 

そして、高限度額になるほど銀行カードローンは低金利設定になっていることが大きなメリットです。消費者金融では100万円〜200万円未満はほぼ、13%〜15%程度の金利になる可能性が高いですが、銀行カードローンなら1桁の10%未満の金利も充分に可能となっています。

 

おまとめローンは低金利で一本化することで最大のメリットが発揮されます。そう考えた時、おまとめるすならやはり銀行カードローンが1番おすすめなのです。

銀行カードローンは限度額が高い!

限度額が高い

消費者金融と銀行カードローンの大きな違いは、金利もそうですが、限度額にあります。消費者金融では平均200万円〜300万円、高い限度額でも500万円が最高ですが、銀行カードローンは最低でも500万円、高い銀行だと最高1000万円の銀行カードローンもあります。

 

銀行カードローンはその高い限度額に加え、使途自由のローンになっていることから、低金利一本化の場合、キャッシングだけではなく、他のローンもまとめて限度額を高くして低金利で借りる方法もあるのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ