電子マネーのナナコとワオンってどう違うの?

nanaco画像

流通系企業がクレジットカードを発行していることは当たり前になっていますが、近年は電子マネーも流通系企業が台頭しています。

 

その電子マネーが、セブンイレブンやイトーヨーカドーをグループに持つセブン&アイ・ホールディングスの「ナナコ(nanaco)」と、傘下にイオンやジャスコ、ミニストップなどがあるイオンの「ワオン(WAON)」です。

 

発行枚数や加盟店舗数はWAONの方が多くなっていますが、利用金額はセブンイレブンの数の多さが影響してかnanacoがWAONを上回っています。

 

どちらもプリペイド式(前払い)になっており、チャージの限度額はnanacoが5万円(千円単位)で1回の入金限度額は4万9千円、WAONも5万円ですが、1回の入金限度額は2万9千円です。

 

チャージにおける主な違いはWAONには電子マネーの残金が少なくなった時に自動的にチャージされるオートチャージ機能がありますが、nanacoにはないため、利用頻度が多い時に若干手間が掛かります。それ以外の機能面については大きな違いが見当たりません。

 

ナナコとワオンのポイントサービスの違いは?

両者とも利用するとポイントが付きますが、ポイントのサービスでは違いが少なくありません。まず、ポイントの還元率はWAONの0.5%(200円に付き1ポイント) に対し、nanacoは1%(100円に付き1ポイント)とお得感があります。

 

また、ポイント獲得単位がnanacoは100円で、WAONは200円になっており、どちらも端数は切捨てられるため、WAONの方が若干無駄を出しやすくなります。

 

貯まったポイントはそれぞれの電子マネーに交換できます(手数料無料)。提携交換先に関しては、nanacoはANAマイルとANA SKY コインに換えられますが、ANAマイルへ交換するとポイントが半減したり、ANAコインは使途が限定されていたりするので、実用的ではありません。

 

一方、WAONはSuicaポイントに交換できますが、手数料が10%と高いため、あまりメリットがありません。nanacoもWAONも他の用途に利用するには向いていません。

 

ちなみに、グループのスーパーにおけるサービスを見ると、WAONの場合は毎月5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」で使用すると、ポイントが2倍になります。

 

また、毎月20日・30日には「お客さま感謝デー」があり、5%の割引を受けられます。その他にも特別割引などの特典があります。

 

nanacoの場合も毎月8日、18日、28日は「ハッピーデー」として5%が割り引かれます。サービスを受けられ頻度はWAONの方が多くなっていますが、もともとWAONはnanacoの還元率の半分しかないため、有利ということでもありません。

 

利用できる店舗はnanacoがグループ店舗に限定されるのに対し、WAONはグループ外のファミリーマートやマクドナルド、サブウェイ、吉野家などでも利用できます。

 

両者の優劣という点では差はつけがたく、買い物に行く頻度の多い店舗の電子マネーを利用するのが得策ということです。