クレジットカードにおける国際的な決済機構ブランドの役割とは?

クレジットカードを利用している人に『どこのクレジットカード?』と聞くと、「VISA」や「MasterCard」と答える人がたまにいます。間違いではありませんが、クレジットカードに対する誤解があるようです。

 

VISAというのはVISAインターナショナルという機関が管理する決済機構のブランドのことであり、MasterCardも同様にMasterCardワールドワイドという団体に管理されている決済機構のことで、共にクレジットカードを発行することはありません。

 

クレジットカードの表面に大きくVISAという文字が入っているのは、クレジットカードの発行会社である信販会社がVISAを使用するライセンスを取得しているからです。

 

例えば、日本では三井住友VISAカードが有名ですが、三井住友カードもVISAインターナショナルから使用許可を得ている会社の一つです。なお、クレジットカードの裏に発行会社の名前が入っています。

 

決済機構のブランドを付けるのはクレジットカードの決済性を高めるためです。つまり、VISAと提携することで、自社(発行会社)の加盟店に加えて世界中のVISAの加盟店でも使えることになります。

 

もし、VISAのロゴが付いていなければ海外ではもちろんのこと、国内でも使える店が限定されてしまいます。そうなると、クレジットカードとしての利用価値が大幅に減り、消費者や店舗が契約しなくなります。

 

信販会社が単独で世界に加盟店を求めていくのは物理的に無理があるため、有名な決済機構を利用しているのが実態です。

 

決済の国際ブランドは他にJDB・アメックス・ダイナースがあります

決済機構としての国際ブランドにはVISAやMasterCardの他に、JCB、Amex、DinersClubがあります。なお、JCBとAmexは信販会社に決済ブランドの使用ライセンスを供与しながら、独自に自社のクレジットカードも発行しています。ただし、決済機構としての役割と発行会社としての業務は全く別になっています。

 

利用者の申込に対して審査をしたり、サービスを提供したりしているのは発行会社であり、毎月利用明細書を送ってくるのも発行会社です。

 

決済ブランドがクレジットカードの運営に関わることはなく、当然、決済機構は利用者の個人情報や信用情報などを保有していません。

 

例えば、AとBというクレジットカードがあり、VISAのロゴが刻まれていた場合は共に世界中のVISA加盟店で使えますが、クレジットカードに関する業務はAとBのそれぞれ別の発行会社が行うため、利用限度額やサービス内容、決済方法はAとBでは異なります。

 

従って、クレジットカードを選ぶ際は、決済ブランドよりも発行会社のサービスをよく確かめてから契約する事が重要です。

 

同じ決済ブランドの付いたクレジットカードでも、海外旅行の保険が付帯されているものもあれば無いものもありますし、ポイント還元率の高いものもあれば低いものもあります。

 

ちなみに、決済ブランドのライセンスを取得するには厳しい審査があり、カードローン審査通りやすいのような簡単な問題ではありません。そして莫大な費用が掛かったりするため、業者の中には既にライセンスを取得している信販会社と提携することで、決済ブランドの付いたクレジットカードを発行しているところもあります。

 

例えば、VIEWカードはUCのライセンスを利用しており、IYカードと小田急カードは三菱UFJニコスのラインセンスで決済ブランド付のカードを発行しています。