おまとめローンおすすめ

おまとめローンでおすすめはどこ?

おまとめローンでおすすめはどこ?

おまとめローンでおすすめするのは、銀行カードローンによるおまとめローンです。おまとめローンとは、複数の借入を一本化などにするローンですが、それだけ金額が高くなり、契約内容も細かくなる場合があります。

 

特に消費者金融のおまとめローンは、契約条項が細かい場合が多く、複数の借入を300万円などでおまとめした場合などは、おまとめ後に他社を借入した場合、契約違反になることもあるのです。

消費者金融おまとめローンのデメリット

消費者金融のおまとめローンは、先ほど書いたように、契約内容が細かくなっている場合があり、厳しいところでは、おまとめ後に他社から借入した場合は、契約違反となり場合によっては、一括請求を受ける可能性もあります。

 

これは、おまとめローンとはあくまで早期完済を目的とした返済専用のローンの為、借金を増やすことは禁止となっている場合が多いのです。

 

今は総量規制によって年収の3分の1までしか借りることができないので、消費者金融でおまとめローンを組んだ後に、他から借りれる可能性は少ないですが、それでも契約条項に他社借入増加した場合は期限の利益を喪失するなど、特約条項があるときなどは注意が必要です。

 

消費者金融のおまとめローンは返済のみ

消費者金融のおまとめローンのデメリットは、他社借入増加もそうですが、一番のデメリットは、おまとめローンは基本的に返済専用となりますので、融資後にj限度額内での追加借入などは受けられないことです。

 

今までは、限度額内で減った分だけ千円単位で追加融資を受けてたとしても、おまとめローンという商品でまとめた場合は、返済方法は元利均等返済などに変更となり、残高が減ったとしてもカード等で追加融資を受けることができません。

 

おまとめローンをする人は、早く完済したい、返済の負担を減らしたいなどの理由が多いと思います。しかし、5年などの長期返済でおまとめローンを組んで、途中でまったく追加借入をせずに完済することは、想像以上に難しいことなのかも知れません。

 

おまとめ後の相談で多いのは追加借入の相談

なぜなら、おまとめローン後の相談で最も多いのは、限度額内での追加借入の件だからです。おまとめローンは融資を受けた後、他社の借入を完済しますので、基本的には一本化した人が多くなると言えます。

 

その為、おまとめローン契約後の1年〜2年後に、急な冠婚葬祭で現金が必要や、急な接待などでお金が無い!となったとしても、おまとめローンを組んでいる会社以外は完済していますので、基本的にはキャッシングできません。(残高0円でカードだけ持っていた場合は利用できるかもしれません)

 

おまとめローンを組んでいる会社に融資の相談をしたとしても、原則返済のみになっているので、融資は断られることが多いのです

おまとめローンなら銀行カードローンがおすすめ!

おまとめローンを申込みするのであれば、銀行カードローンがおすすめです。その理由は銀行カードローンはおまとめローンという商品では無く、低金利と高限度額によって、通常のフリーローンでおまとめローンが可能となっているからです。

 

使途自由のフリーローンの為、当然リボ契約であれば限度額内で追加借入も可能です。そして、銀行カードローンは年収3分の1の総量規制は関係が無い、総量規制対象外となりますので、今の借金が年収の3分の1以上あったとしても申込みが可能です。

 

又、銀行カードローンは消費者金融からの借り換えローンやおまとめローンとしての利用を積極PRしているところが多く、申込み時に消費者金融をまとめたいと伝えることで、おまとめローンの審査として検討してくれることも可能なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ