おまとめローン一本化メリットとデメリット

おまとめローン一本化のメリットとデメリット

おまとめローン一本化のメリットとデメリット

おまとめローン一本化のメリットとデメリット

おまとめローンで一本化は多くのメリットがあるローンですが、デメリットも当然にあります。おまとめローン一本化は複数の借入をまとめることから、金額が高額になる傾向にあり、契約後にデメリットに気づいたとしても、おまとめローンを解約するには一括返済するしか方法がありません。

 

高額なローンを一括返済するのは非常に厳しいので、デメリットを引きずったまま契約していく人も多くいます。そのようにならない為にも、おまとめローンで一本化した場合のメリットとデメリットを充分に理解した上で契約することが大切なのです。

おまとめローン一本化のメリット

おまとめローン一本化のメリットは、複数の借入を低金利でまとめることにより、今までバラバラだった金利を1社の低金利の利息計算となり、利息が軽減されることが最大のメリットとなります。

おまとめローン一本化のメリット

例えば、上記の図の場合、3社から借入をしていますが、金利は15%、18%、17%とバラバラです。毎月の利息はそのバラバラの金利で計算されることになり、1ヶ月(30日間)の利息は28,108円となっています。

 

しかし、これを金利10%でおまとめ一本化することにより、利息計算はすべて10%となることから、1ヶ月(30日間)の利息は17,206円となり、おまとめすることで、10,902円利息が軽減されたことになるのです。
これがおまとめローン一本化の最大のメリットと特長となっています。借入件数と残高が多ければ多いほど、低金利でまとめることによる利息軽減は絶大なものとなるのです。

一本化することで返済の手間も楽になる!

返済の手間が楽になる

おまとめローンのメリットは利息軽減だけではありません。今まで複数社から借りていた場合、返済日はそれぞれ違い、3社から借りていれば、3社分毎月返済しなければならず手間がかかります。

 

おまとめローンで一本化することによって、この返済の手間も1社になり、いままでよりも返済の負担が楽になるのです。

一本化でおまとめすることで完済日付がはっきりと分かる!

完済日付も分かる

複数社から借りていた場合、このまま返済していて、いつに完済になるのか分かる人は少ないのではないでしょうか?なぜなら数社で借りていれば金利がそれぞれ違い、毎月いくら元金がが減っているのか把握するのも難しいからです。

 

しかし、一本化でおまとめすることによって、いつに完済できるのか、具体的な日付まではっきりと分かることができます。毎月いくら返済していけば、あと何回で完済になると分かることは、返済意欲を高め、早期完済につながるのです。

 

おまとめローン一本化のデメリット

一本化おまとめローンのデメリット

おまとめローン一本化のデメリットは、消費者金融のおまとめ専用ローンで契約した場合、限度額内での追加借入ができなくなることです。

 

おまとめする前は限度額内で空きがあれば、提携コンビニATMからでも借入は可能でしたが、おまとめローン後は基本的に限度額内での借入はできない商品が多いのです。

 

その理由は、あくまでおまとめローンの主旨は一本化にして利息を軽減し、早期完済を目指すローンになっているからです。又、おまとめローン後に借入を増やせば、負債金額はかなり高額になり返済不能に陥る可能性が高くなるため、消費者金融でのおまとめ専用ローンでは、追加借入ができない返済方式(元利均等返済など)になっています。

消費者金融のおまとめローンは返済専用が多いですが、銀行カードローンは通常のフリーローンでおまとめも可能となっている為、銀行カードローンでおまとめすることで、限度額内でも追加借入は可能になります。(最初から限度額内で繰り返し借入ができるリボ契約が条件です。銀行カードローンでも最初から返済専用のローンもありますので、確認が必要です。)

おまとめローン後にキャッシングすると契約違反?

おまとめローン後の借入は契約違反?

今は総量規制によって、年収の3分の1以上借入することはできません。その為、おまとめローン後にキャッシングできる可能性は低くなりますが、年収が高い人であれば、2社程度のおまとめローン後でも、まだ年収1/3の枠が残っている人もいます。

 

その場合、まとめた後に他社よりキャッシングしても良いのかどうか、契約前にしっかりと確認することが重要です。おまとめ後に借入をした場合、契約違反となるケースもあります。契約違反となれば分割返済は認められず一括返済を請求されることになる為、おまとめローンの契約内容をよく確認しておきましょう。

おまとめローン一本化する前に確認しておくべき事項
  • おまとめローンの限度額内で繰り返し借入ができる契約なのか。(返済専用だった場合、完済するまで借入はできません)
  • おまとめローンが返済専用だった場合、途中で借入したい場合、融資をしてくれるのか?
  • おまとめローン後に他社で借入をしても問題ないのか?(他社借入増加時は契約違反にならないか確認すること)


ホーム RSS購読 サイトマップ